ブックメーカーのボクシング – 格闘技

ブックメーカーで人気のボクシングの歴史

ボクシングは、パンチを使って相手を打ち抜くスポーツで、その歴史は古代ギリシャやローマまで遡ります。現代のボクシングの形態は、18世紀末から19世紀初めにイギリスで発展しました。今ではキックボクシングや総合格闘技も人気ですが、その始まりはボクシングから始まっており、日本の格闘技の始まりであるボクシングについての歴史や見どころなどを、まだボクシングについてよくわからない方向けに発信していきたいと思います。
ボクシングは、最初、野外で行われ、ルールもほとんどありませんでした。選手たちは素手で試合をして、非常に暴力的で危険でしたが歴史と共にルールを整備したことにより、ボクシングはより組織的で安全なスポーツとして発展しました。

ボクシングは歴史と共に専門的なジムやトレーナーが登場したことによって選手たちのテクニックが向上しました。ボクシング用の本格的なグローブが導入され、素手の暴力的な要素が軽減されたころから、ボクシングはプロとアマチュアの競技として普及し、国際的な大会も開催されるようになりました。
現在ではボクシングはアメリカで特に人気を集め、多くの伝説的なボクサーが登場しました。一昔前では、重量別でヘビー級などのボクシングが先に発展し、モハメド・アリ、マイク・タイソンなど、多くの伝説的なボクサーが登場して、ファンを魅了しました。ヘビー級が人気になった要因として、その頃の軽量級ではKO勝利をできる選手が少なくヘビー級の選手のような迫力も少なかったことからマイクタイソンのようなKOを量産できる選手が人気となっていきました。時代が変わり世界にいるボクサー達は自分の重量でタイトルベルトをかけて戦うようになり、格闘技の人口も増える一方です。昔とは異なって今ではフィットネスとして気軽に始める事ができるので、男性から女性にも人気が高まっています。



今ではボクシングは国際的な競技として成長しておりオリンピック競技としても認められアメリカのスポーツ全般がPPV化されて、選手たちにお金を賭けることもできるようになり、日本でもブックメーカーなどで海外の応援している格闘選手に応援としてお金を賭けることができます。

次に、ボクシングのルールについて知っておくべき基本ルールを紹介します。ボクシングは、選手同士が相手との戦いにおいて力、テクニック、試合に勝つスポーツです。ボクシングで稼ぎたい人、ブックメーカーを使って試合を楽しみたい人は、そのルールと原則を理解することが重要です。
少し複雑なルールについて詳しく説明します。ボクシングは通常リングで行われ、プロボクシングのリングは直径16~20フィート(約4.9~6.1メートル)で、四方からなるロープに囲まれています。 アマチュアボクシングのリングはプロのリングよりも少し小さく、直径は16フィート以下です。
ボクシングの試合は通常、1ラウンド3分間で試合やプロライセンスによって異なりますが、最大12ラウンドで構成されておりプロボクシングの試合は通常12ラウンドで行われますが、アマチュアボクシングは通常3ラウンドまたは4ラウンドです。

ボクシングはKOだけが勝利の基準ではなくて、対戦相手にパンチを打ち、的確に当てることがポイントを獲得する方法です。 パンチの種類にはジャブ、ストレート、フック、アッパーなどがあり、正確かつ有効なパンチでポイントを獲得します。しかし、ボクシングの試合の中で一番盛り上がる瞬間は相手をノックアウト(KO)またはテクニカルノックアウト(TKO)で勝利することです。
KOは相手が10秒以内に立ち上がれない場合テンカウントとも呼ばれますがその場合にはKOが発生し、TKOは審判の判断によって試合を中断する場合で、衝撃の失神KOの場合に発生し、このTKOがボクシングファンを一番興奮させる瞬間です。

ボクシングは、一部の行為がファウルとされ、反則となります。例えば、頭突き、後頭部へのパンチ、股間への攻撃、掴みつくようなファウルとされ、減点や警告を受ける場合や逃げに回って攻撃をしない行為も減点の対象になり、過去にはマイクタイソンが耳を噛み千切るなどの反則行為を行ったこともあります。
各ラウンドの後は、1分間の休憩が設けられます。選手はそこでセコンドからアドバイスを受け、水分補給などを行って体力を回復させます。セコンドに世界チャンピオンを育て上げた人や的確なアドバイスをできる人などは試合展開を選手に伝え、選手は一人ではなくジム全体で戦います。

審判は試合の進行を進める重要な役割を担っています。試合開始の前に選手同士に簡単なルール説明、反則のチェック、ポイントのカウント、選手の安全を確保します。審判は試合の終わりを決定する重要な役割を果たします。通常審判はリングに1人、ポイントにカウントに2~4名で行われ、勝敗決定は、ノックアウトが発生しない場合、審判や審判団の判定によって勝敗が決まります。
判定は、ポイント制に基づいて行われ、得点の多い選手が勝者となります。
アマチュアボクシングでは、選手はヘッドギアの着用が義務付けられており通常は16オンスのボクシンググローブを使用します。プロボクシングでは、ヘッドギアは一般的に着用されず、グローブの重さは試合カテゴリーによって異なります。

最後に、ボクシングはフェアプレーとスポーツマンシップが重要で選手はルールを守り、相手を尊重し、観客にエキサイティングな試合を提供する責任があります。ボクシングは緊張と戦略が組み合わされたスポーツであり、観戦する際や実際に参加する場合ブックメーカーで好きな選手に賭ける場合は、これらのルールを理解していると、試合をより楽しむことができます。

ボクシングの階級別について

ボクシングは選手たちの公平性を保つために、体重別で試合が行われます。これらの体重はプロの世界であれば前日の試合前会見で公開の計量が行われ、試合をする選手は試合に向けた減量が行われて、体重をオーバーした場合には試合出場権利を失うこともありますので自分の適切な体重を選手たちが自由に選択できます。各体重ごとでカテゴリー側でわかれて、ボクシング団体によっても異なりますが主な階級を紹介したいと思います。

ヘビー級は約90.7キログラム(200ポンド)以上で体重制限なし

クルーザー級は約90.7キログラム(200ポンド)以下、約79.4キログラム(175ポンド)以上

ライトヘビー級は約79.4キログラム(175ポンド)以下で約76.2キログラム(168ポンド)以上

スーパーミドル級、約76.2キログラム(168ポンド)以下で約72.6キログラム(160ポンド)以上

ミドル級は約72.6キログラム(160ポンド)以下で約69.9キログラム(154ポンド)以上

スーパーウェルター級は約69.9キログラム(154ポンド)以下で約66.7キログラム(147ポンド)以上

ウェルター級は約66.7キログラム(147ポンド)以下で約63.5キログラム(140ポンド)以上

スーパーライト級では約63.5キログラム(140ポンド)以上で約61.2キログラム(135ポンド)以上

ライト級は約61.2キログラム(135ポンド)以下、約58.9キログラム(130ポンド)以上

スーパーフェザー級約58.9キログラム(130ポンド)以下、約57.2キログラム(126ポンド)以上

フェザー級は約57.2キログラム(126ポンド)以下、約55.3キログラム(122ポンド)以上

スーパーバンタム級は約55.3キログラム(122ポンド)以下、約53.5キログラム(118ポンド)以上

バンタム級は約53.5キログラム(118ポンド)以下、約52.2キログラム(115ポンド)以上

スーパーフライ級は約52.2キログラム(115ポンド)以下、約50.8キログラム(112ポンド)以上

フライ級は約50.8キログラム(112ポンド)以下、約49キログラム(108ポンド)以上

ミニマム級は約49キログラム(108ポンド)以上その他の体重制限あり

ボクシングの階級をよく理解しておくことでブックメーカーで人気のボクシング選手同士の試合にもかけることができるのでよく確認しておきましょう。