ブックメーカーのボクシング – 格闘技

総合格闘技の知って得する話

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本では総合格闘技と呼ばれており、異なる格闘技術を組み合わせた総合的な格闘技スポーツで、その特徴とルールは多岐にわたります。多様な技術の組み合わせでボクシング、キックボクシング、柔道、ブラジリアン柔術、レスリング、空手、ムエタイなど、さまざまな格闘技術を取り入れています。選手はこれらの技術を組み合わせて戦い、効果的な攻撃と防御を展開します。

総合格闘技にはさまざまな試合形式が存在しており、それぞれ異なるルールを採用しています。UFCは初め5分無制限ラウンドで試合を行っていたこともあり、すべての試合が5分以内に終了したので無制限ではなかったですが、長期戦になる試合も存在します。今では3ラウンドまたは5ラウンド制で、RIZINは5分3ラウンドで行われています。

試合はスタンディングでの打撃とグラウンドでの組み付きといった多くの側面を含んでいます。選手たちは相手を立ったまま打撃で倒したり、対戦相手をグラウンドに投げたり、サブミッション技術で締め落としたりタップアウトなど、多彩な戦術を使用します。グラップラーとストライカーと呼ばれる打撃に定評がある選手の試合はどちらも自分の持ち味を存分に生かすので、面白い試合が見られます。

MMAのグラウンドでは、サブミッション技術が重要です。選手は関節技や絞め技を使用して相手を降伏させることができます。これにより、力強い相手に対しても勝つための戦術が存在します。ルールはボクシングのようなパンチやキック、肘打ち、膝蹴りなどの打撃技術が許可されています。しかし、頭への蹴りは一部の団体で禁止されていますが、寝転んだ相手に対してサッカーボールをけるようなキックも認められています。

禁止事項:はグロインド・アンド・パウンドの過度な使用や、目への攻撃、後頭部への攻撃、髪の毛を掴む、ロープや金網を掴む、アンダー目掛けてキックなど一部の技術は禁止されています。

非常に過激で要求の高いスポーツであり、選手は高い技術と体力を持つ必要があります。観客には多様な戦術やテクニックが展開され、試合の予測が難しいため、興奮を提供するスポーツとして広く人気があります。

近年の総合格闘技は多くのブックメーカーで取り入れられており、人気な選手の数も多いので、日本のRIZIN、アメリカのUFCやベラトール、シンガポールのONEなど人気団体も多くそれぞれの団体で勝利予想やKO予想などで普段見ている試合よりも白熱して応援してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -